So-net無料ブログ作成

離婚訴訟を起こしたとしても棄却される? [熟年離婚]

離婚訴訟を起こしたとしても棄却される?

離婚訴訟を起こしたとしても必ず認められる訳ではなく、棄却されることもあります。

どういった場合かというと、離婚原因が正当ではないと判断された場合です。

認められる離婚原因とは、以下のようなものです。




・不貞行為
・悪意の遺棄
・3年以上生死不明
・強度の精神病
・婚姻生活を継続し難い重大な事由

これらに該当しないと、訴訟が認められることはありません。

不貞行為の場合だときちんとした証拠が必要ですし、生活費の不払いがあったからといってそれが悪意の遺棄に絶対に該当する訳でもないので、注意してください。

また、セックスレスや別居、性格の不一致、暴力といったものは、婚姻生活を継続し難い重大な事由に該当する可能性がありますが、これも絶対とはいえません。

もし、離婚訴訟が棄却されたとしても、別居期間が長くなれば、それを理由に成立する場合もあります。

一度棄却されたからといって、これからずっと認められないという訳ではないので、タイミングをみて再び訴訟を起こすという人もたくさんいます。

離婚調停・離婚訴訟 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ)

離婚調停・離婚訴訟 (リーガル・プログレッシブ・シリーズ)

  • 作者: 秋武 憲一
  • 出版社/メーカー: 青林書院
  • 発売日: 2013/12/01
  • メディア: 単行本



nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。