So-net無料ブログ作成

水・ファイナル! [水]

水の話、水道水以外のいわゆる健康に良いとされる水をいろいろぐだくだ書いてきましたが、ここらへんでそろそろ最終回にしたいと思います。水・ファイナル!です。

わが国のの水道水は全国的に軟水です。その一方で、ヨーロッパ産と取れるエビアンなどのミネラルウォーターは硬水ですね。海洋深層水は硬水の場合と軟水の場合があります。ということで、硬水と軟水には、いったいどの程度の違いがあるのでしょうか。一言でズバッと答えられますか。私やあなたがいつも飲んでいる水道水や市販の水は、軟水と硬水という種類があることは書きましたが、繰り返すと日本は軟水が多く、ヨーロッパなど外国のものは硬水が多いといわれます。

でも水は水ですよね。硬いもやわらかいもありません。固体じゃないんですから。水の硬軟は、水中のカルシウムとマグネシウムの含有率なんです。それがどのくらい濃いかということを硬度と称しているわけです。つまりですね、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル(五大栄養素の一つ、年齢や性別によっても必要な量が違ってきます)が多く含まれている水が硬水ですね。普段、私達が飲んでいる軟水(軟水器を使うとより高度の低い軟水を作ることができます)は、WHOの基準で硬度の数値が120ミリグラム/L以下のものを指しており、一般的に口当たりが柔らかいので、煮込み料理やお茶やコーヒーに適しているかもしれません。

ここでちょっと日記行きますね。硬水については後半いってみます。

会社以外のお友達とは、なかなか休みが会わないのが悩みの種。普通のOLは日曜が休日でしょ。私の場合、不定期だから会えるときにいっぱいお話しないとね。


24本 傘 軽量 | 玄米 30kg 送料無料 24年 | リュック レザー 本革


高校の時の友達の佳代子に子供が産まれたっていうことで、
友達みんなで佳代子の家に赤ちゃんを見に行って来ました。
赤ちゃんは佳代子に似なくてすっごく可愛くってびっくり。
旦那は顔の作りは悪くないから、旦那に似たんだろうね。
女の子だから良かったよね。
でも、佳代子は妊娠糖尿病っていうやつになったみたいで
そっちは心配。
子供を産むって大変なことなんだな~ってつくづく感じました。
まっ、その前に私の場合相手を探さなくっちゃ。


こたつ敷き布団 長方形 ピンク | パンプス ストラップ リボン | カーディガン レディース オフィス | レジャーシート クッション


最近、ふと思いましたが、小顔って言葉が使われるようになったのはいつ頃からでしょうか?結構前のような気もしますが、しかし小顔って言葉はホントに的を得ていますよね。顎の細い子はしっかり噛まないからダメ、と昔は言われたものですが、今では顔やせが大流行です。基礎化粧品を吟味したり、メイクアップをちょっと工夫するだけでだいぶ印象を変えることはできますが、まぁ限界はありますよね。(^_^;にきびやほくろ、毛穴の汚れなんかに比べると、小顔はごまかしが効かないですね。


パーカー メンズ ジップ | GUCCI 財布 ラウンドファスナー | 斜めがけバッグ レディース ナイロン


さて、もう少し、調べ物が残っているけど、サッサと済ませて、早く寝ようっと。寝る前にコップ一杯のお水を飲むといいそうですね。



では後半ですが、硬水についてですよね。

硬水はヨーロッパなどに多いと書きましたが、WHOの基準で硬度の数値が120mg/L以上のものを指しているんです。まあ一般的にしっかりとした飲み応えを感じるになるかもしれません。煮物をすると、煮崩れしないといわれますよ。でもお茶とかはよく出ないから、まあ特徴によって使い分けるしかないですよね。たとえば、赤ちゃん(赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです。自分の子供が産まれてみるとね)のミルク(粉ミルクには、全粉乳、脱脂粉乳、調整粉乳、乳児用調製粉乳、妊産婦・授乳婦用粉乳などがあります)を作る時には軟水(金属イオンの含有量が少ない水をいいます)ということはわかりますよね。硬水にはミネラル分がたくさん含まれていますが、体の発育が未熟な赤ちゃん(昔から、「子供は三歳までのかわいさで一生分の親孝行をする」なんていわれます。赤ちゃんのうちから、なるべくたくさんの写真や映像を残しておきたいものですね)に取っては逆に体への負担となってしまうのです。ミネラルウォーターを利用する場合には、必ずお水の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)を確認するようにして下さいね。あと硬水は飲みすぎると炭酸マグネシウムの関係でお腹がゆるくなりますので、それも注意が必要です。
nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0